ES関東C練習会 2016秋

http://eskantoc.com/event/

クラブカップを2週間後に控えたタイミングで、オープンな練習会を開かせていただきます。ウィニング30分のコースを1本用意し、みんなで同じコースを走り、物足りない人にはもう1本コースを用意します。練習の機会として多くの皆さんに利用してもらえればと思います。
企画:小暮喜代志

総会

ES関東C総会が終わって、みんなで韓国料理~(o^ O^)シ彡☆
サムギョプサルで乾杯~~~~
今年度は、第二回伊豆大島大会を、10/25(日)に開催します~

11535800_1005164539496510_5787329619572025030_n

第40回全日本オリエンテーリング大会

DSC01491DSC01471DSC01478DSC01487DSC01474DSC01482DSC01489DSC01466
2014年4月27日(日)菅平高原にて、第40回全日本オリエンテーリング大会が開催されました。
小林家はなんと出場3名全員優勝の活躍!また山口大助選手もM21Aで貫録の優勝!
女子選手権クラスでは、宮川早穂選手が3位、渡辺円香選手が4位に入賞する活躍をみせました。
他にも多くの選手が表彰台に立ちました。

今回の大会は、牧場とスキー場というオープンをフル活用したスピード感のあるレースとなりました。
11月23-24日ES関東クラブが主催するジオパーク伊豆大島オリエンテーリング大会も今回のようなオープンテレインが主体ですが、今回線上特徴物で多くあった柵・スキー場のリフトなどはもちろんありません。道もほとんどありません。登りも少なくなります(これはいいのか・・・?)。運営する側としても待ち遠しく感じるのでした。

W21E

3 宮川 早穂 1:11:25
4 渡辺 円香 1:15:07

M21A

1 山口 大助 1:01:41

M35A

2 山本 真司 1:06:52

M40A

1 小林 岳人 1:06:39
5 桜井 剛 1:11:43

M45A

7 広江 淳良 1:02:52

M50A

3 杉本 光正 0:51:09
7 寺嶋 一樹 0:55:06
21 木村 修 1:08:26

M65A

11 山本 博司 1:01:02

W21A

16 横澤 夕香 1:24:36

W35A

2 寺嶋 貴美江 0:55:59

W40A

1 小林 正子 0:53:10

W45A

3 杉本 真木 1:03:17

W60A

3 山本 陽子 1:01:58

W18A

1 小林 璃衣紗 0:57:18

M10

1 寺嶋 謙一郎 0:10:21



DSC01500
また、同日WOC2014日本代表選手の任命式が行われ、スプリント種目代表:渡辺円香選手とフォレスト種目代表:宮川早穂選手が任命されました。
応援よろしくお願いします!

クラブ対抗リレー 総合優勝!

CIMG22893月16日(日)第18回クラブ対抗リレーオリエンテーリング大会が開催され、ES関東クラブからは4チームが正規チームとして参戦。
難テレイン、難コースを見事克服、WA1位、V1位、MIX2位となり、総合優勝を飾ることができました。

成績はこちら

宮川早穂 インカレ ミドル・ディスタンス競技部門優勝!

_Dsc_0068
2014年3月8日(土)2013年度日本学生オリエンテーリング選手権大会ミドル・ディスタンス競技部門が栃木県矢板市で開催され、宮川早穂選手がWEA選手権クラスで見事に優勝しました!
ES関東クラブには、インカレの個人優勝経験者はひとりもいなかったのですが、初の快挙となります。

第33回京葉オリエンテーリング大会

DSC010472014年1月26日(日)千葉ポートパーク(千葉県千葉市中央区)にて、第33回京葉オリエンテーリングクラブ大会(JOA公認カテゴリS)が開催されました。
ES関東Cでは、小林岳人選手(M35A)、桜井剛選手(M50A)、山本博司選手(M65A)が優勝!今年は皆さん調子が良いですね♪
M21A

7 小暮 喜代志 17:41

W21A

2 渡辺 円香 17:52

M35A

1 小林 岳人 17:05

M50A

1 桜井 剛 12:33

W50A

2 山本 陽子 19:51

M65A

1 山本 博司 14:09

2013年度 ES関東クラブ年間MVP

1月21日、ES関東クラブの2013年度の年間MVPが発表されました。

【MVP】
宮川早穂選手
【受賞理由】
2013年の活躍は目覚ましく、1月のJC大会WAL2位、3月のインカレミドル、リレーでの優勝、全日本W21E4位、11月全日本ミドルW21Eの優勝など、日本を代表するオリエンティアの一人として成長しました。
特に7月のJWOCそしてWOCで日本代表として、海外の強豪選手と戦ったことは特筆すべき受賞理由に当ります。
この経験をバネにさらに一層精進され、日本のオリエン界をリードしてくれることを期待して受賞の理由とします。
(選考:山本博司・陽子)