クラブカップ7人リレー2018 


10月7日(日)は瑞牆の森で開催されたクラブカップ7人リレーに参戦。ES関東クラブでは7人リレーに正規2チーム、ベテランにも正規1チーム、一般1チームをエントリーしました。
 
今年のES関東クラブは、新人を多く迎え入れたこともあり、新生ES関東クラブともよばれていわれています。
メンバー5名を入れ替えて挑んだ今年の7人リレーは昨年の24位から大幅に順位を上げて8位と大健闘!5年ぶりの一桁順位となりました。



1走は昨年に引き続き寺嶋謙一郎。中学生でありながらも12位で入る大健闘。
2走は昨年エース区間を走った小暮喜代志、準エース区間の3走を新人の栗本開が無難にまとめます。
エース区間を走ったのは新人の橘孝祐(写真)
順位を目標としていた10位以内、9位にまで上げました。



5走は新人の中村茉菜が好タイムでまとめ、
6走の宮川早穂がもしかしたら入賞を狙えるかもという8位まで順位を上げました。
 
アンカーを努めたのは木島佑輔(写真)
残念ながら入賞まであと1歩の8位でしたが、地域クラブでは3位。来年に向けて期待できる結果を残せたのではないでしょうか。

昨年は1チームしか出すことができなかった7人リレーですが、今年は2チーム目を出すことができ28位の好成績!
生田崚→松島彩夏→橋本知明→桑原大樹→寺嶋一樹→小林正子→福西佑紀
なんと、OVER100枠で3位!!

ベテランカップ部門は昨年は正規チームを出すこともできなかったのですが、今年はベテラン4名で参戦!!




結果は惜しくも4位だったのですが、上位3チームが男性のみの構成だったところを女性2名を入れての4位というのは大健闘です。




前日の10月6日(土)は、「トータスクラブカップミドル」が開催され、得点によるクラブ対抗戦でもありました。
この日新しく手渡されたユニフォームを着て、クラブ代表のMEクラス・WEクラスに橘孝祐と中村茉菜が参戦。




WEの中村茉菜は6位と健闘

MSの小暮喜代志 優勝!
WXVの宮川祐子 優勝!
MV 杉本光正 3位!

第44回全日本オリエンテーリング大会

第44回全日本オリエンテーリング大会は、岐阜県中津川市「椛の湖」で開催されました。
ES関東クラブからも多数参加、本格的なロングディスタンスのコースに挑みました。

H21Eはウィニングが1時間54分代、その他年代別のコースも手抜きのないハードなコースでしたね。
ES関東クラブからも多数参加、多くの選手が表彰されました!

W21A 宮川早穂 華麗に優勝!
M55A 杉本光正 激戦を制し優勝!
W40A 渡辺円香 他を寄せ付けず優勝!
W45A 小林正子 余裕の優勝!
W15B 杉本若奈 優勝!がんばりました!
M10 伊藤拓生 優勝!がんばりました!

M18A 寺嶋謙一郎 惜しい!準優勝!
M35A 小暮喜代志 あれ?準優勝!
W35A 宮川祐子 35?準優勝!
M40A 桜井剛 珍しく準優勝!
M55A 広江淳良 ひょっこり3位!

第40回東大大会

JOA公認カテゴリA[World Ranking Event] 第40回東大OLK大会兼東日本大会が「赤城-悠久の森 響く天聲-」にて開催されました。
素晴らしいテレイン、地図、コースでしたね。
役員の対応も素晴らしくてとても楽しめました。



木島佑輔 M21A2準優勝!

小林正子 W45A優勝!

杉本光正 M45A準優勝!

山本陽子 W65A 3位
伊藤拓生 M10 優勝!

第3回東工大大会

公認大会カテゴリAの第3回東工大大会に参加してきました!M21Eで橘孝祐が準優勝!



M40-M50Aで杉本光正が優勝!!


監督の小暮喜代志もM35Aで優勝!
山本陽子はW65-70Aで準優勝!


で、、、中の人は「矢板一白いテレイン」につられて参加したのですが、矢板一緑な中を彷徨ってしまい体力を削がれて(爆)

新人歓迎会が開催されました!

ES関東クラブはOKリーグに参戦、「茶の里いるま大会」では新入会の橘選手が「玉露」クラスで優勝!華々しいデビューを飾りました。



その夜、新人歓迎会が池袋で開催されました!

新たに2名の新人が入会!
これで春の新入会員は8名になりました。

まだまだ会員募集中です!

伊豆大島合宿

2018年3月31日~2018年4月1日 伊豆大島おいて合宿が開催されました。

外部からの参戦もあり、総勢25名の参加となりました。
この合宿をきっかけに6名がES関東クラブに入会となりました。

ES関東C練習会 2016秋

http://eskantoc.com/event/

クラブカップを2週間後に控えたタイミングで、オープンな練習会を開かせていただきます。ウィニング30分のコースを1本用意し、みんなで同じコースを走り、物足りない人にはもう1本コースを用意します。練習の機会として多くの皆さんに利用してもらえればと思います。
企画:小暮喜代志